服飾専門学校に通わず独学で学ぶ

ファッションデザイナーになるために、服飾専門学校に通わなくても独学でなる事は可能です。
ただし独学の場合は、自分で基礎から実践までを段階的に習得し、そして成功しようと思ったらチャンスも少なく狭き門だという事を知っておきましょう。

ファッション業界で働くために服飾専門学校へ行き、勉強する人も少なくありません。
しかしファッション業界は、資格が必須な訳ではなく、独学で学ぶ事も可能です。

・独学でファッションデザイナーになれるのか?
・独学で何を学ぶべきか
では独学で、何を学び、どのようにファッションデザイナーになるのか紹介していきます。

独学でファッションデザイナーになる事は可能?

例えばアパレル業界でアルバイトをしながら、独学でファッションの勉強をする事は可能です。
そしてファッションで、重要な事はアイデアやセンスです。
そのため、ネットを活用する事で、実際に独学でファッションデザイナーとして成功している人も存在しています。

しかしまだまだファッション業界で、独学で成功する事は狭き門であり、服飾専門学校で学んだ方が効率的に必要な知識や技術を短期間で習得する事が出来ます。

また就職先の選択肢も増えで、成功するためのチャンスが増えると言えます。
そのため独学でファッションデザイナーになる事は、決して不可能ではありません。
ですが独学の方が苦労するので、時間とお金をかけたとしても服飾専門学校に通う価値はあると言えます。

独学で何を学べばいいのか?

では次に独学でファッションデザイナーになる場合に、最低限必要な知識として学んでおきたい事は、デザイン、色彩、縫製、パターンの4つです。
本やインターネットを活用すれば、独学でも学ぶ事が可能です。

ただし独学で学ぶ時の注意点は、基礎からしっかり勉強する事です。
基礎を飛ばしていきなり難しい実践をしようとしても、上手くいかないのは当然です。
きちんと基礎から学んで、段階を踏んで徐々に知識と技術を習得し実践していきましょう。

関連する記事