服飾専門学校と4年制大学の就職事情

ファッションの勉強をする場合、服飾専門学校と4年制の大学の服飾科という選択肢があります。
将来の就職の事まで考えた場合に、専門学校と大学ではどちらが就職に有利に働くのかそれぞれの理由と伴に紹介します。

ファッションの勉強がしたいと思った場合に、服飾専門学校と服飾科がある4年制大学のどちらを選択する方が就職に有利になるのでしょうか?

・服飾専門学校と就職
・服飾科の4年制大学と就職

専門学校と4年制の大学で卒業後の就職状況について比較して紹介していきます。

服飾専門学校の方が実践的

ファッションデザイナーになりたいという明確な目標があるのであれば、服飾専門学校で学ぶ事をお勧めします。
やはり専門学校の方が専門性に特化した授業内容となっています。
そのため、時代のニーズに合わせた最新のファッション業界で役立つ知識や技術を習得出来ます。

また服飾専門学校に行く事で、人脈やパイプを作る事が出来るので、就職のチャンスも多いと言えます。

安定志向の人は4年制大学

ただしファッションに興味はあるけれど、ファッション業界で働くセンスが自分にあるのか分からない。
センスがなかった場合に、潰しが効く4年制大学に通いたいという人もいるでしょう。
一応大学の服飾科でも、幅広い知識と教養を身に着ける事が可能です。

また大学生活は4年間あるので、ファッションに興味があるのならアパレル店員のアルバイトをしたり、Wスクールで服飾専門学校の夜間コースに通うという選択肢もあります。

そして一流大学に入る事が出来れば、卒業後は大企業で働ける可能性は高くなります。
ファッション業界でも、大手アパレルメーカーなどは、学歴重視の企業も少なくありません。
浮き沈みが激しいファッション業界だからこそ、大手アパレルメーカーに就職したいという場合は、4年制大学を選ぶというのも選択肢の1つだと言えます。

また4年制大学の場合は、4年間模索した結果、ファッション業界ではなく、他の業界に就職したいと思った場合に、方向転換がしやすいと言えます。
他にも目指す職種がファッションデザイナーであれば、服飾専門学校で学ぶべきですが、販売員やバイヤーなどの職種を目指す場合は、大学で幅広い知識を得る方が将来に役立つかもしれません。

関連する記事