社会人が夜間コースや通信コースで服飾専門学校で学ぶ

社会人として働きながらも転職でファッション業界で働きたい、そんな人が服飾専門学校を通う場合、仕事を辞めて通う事は難しいと言えます。
なので夜間コースや通信コースを活用して、働きながら学び、転職をする事で夢をかなえる事をお勧めします。

服飾専門学校に通う生徒の大半は、高校を卒業したばかりの若者です。
しかし中には一度就職をしたけれど、ファッションの道に進みたいと社会人で服飾専門学校に通う人もいます。

・社会人が通う夜間コース
・社会人でも学べる通信コース
社会人でも服飾専門学校に通える方法を紹介します。

夜間コースなら働きながら学べる

服飾専門学校の中には、社会人を対象とした夜間コースの授業を用意している学校もあります。
全く違う業界から転職でファッション業界へ働きたいという社会人もいれば、昼間はアパレル店員として働き、もっと専門性を高めたいと夜間コースに通う人もいます。

夜間コースは、毎日ではなく週に2〜3回の集中型の授業スタイルの学校が多くなっています。
そのため勤務スタイルに合わせて通う事が可能です。
ただし昼間のコースと比べると、1年で学べる授業数が少ないため、昼間のコースなら2年で修了するところを、3〜4年通う事になる場合もあるので、必ず期間を確認しておきましょう。

あと夜間コースでも、就職支援などのサポート体制が整っているかどうかも、服飾専門学校選びの際に、条件に加えておいて下さい。
働きながら学ぶ事は大変ですが、同じように働きながら真剣に学びたい仲間がいるので、刺激をもらう事が出来、モチベーションを保ちやすいと言えるでしょう。

自分のペースで学べる通信コース

通信コースは、服飾専門学校に通う必要がなく、自宅で学ぶ事が出来るので、自分のペースで学ぶ事が出来ます。
そのため社会人でも働きながら学ぶ事が可能だと言えます。

通信用の動画を見ながら勉強出来たり、授業の質問もネットを通じてやり取りする事が出来ます。
昔と比べて通信コースでも学びやすい環境になったと言えます。
ですがその一方で、縫製やパターンなど直接目の前で指導された方が分かりやすい事も事実です。

関連する記事