都心部と地方の服飾専門学校を比較

人気の服飾専門学校は、東京・大阪の都心部に集中しています。また設備や環境を考慮すると、ファッション業界は都心部の方が有利である事は間違いありません。ですがだからといって地方の服飾専門学校がダメだという事はなく、地方だからこそ出来る事もあります。

ファッションを学ぶ人の中には、将来世界で活躍するために、海外に留学する人もいます。
しかしまだまだ留学の壁は高いですし、国内でも学べる事はたくさんあります。
ですが国内でも東京・大阪都心部と地方とでは、学べる内容に差があるのでしょうか?

・服飾専門学校に通うために上京するべき?
・地方の服飾専門学校について
上記の2つに焦点を絞り、都心部と地方の服飾専門学校を比較していきます。

服飾専門学校は都心部がいい理由

服飾専門学校自体は、全国に存在しています。
しかし服飾専門学校の人気ランキングを見ると、上位に選ばれるのは、ほぼ東京か大阪の学校です。
その理由は、施設や設備が整っている事、講師がファッション業界で活躍する現役のプロである事など、最新の知識や技術を習得できる事が魅力です。

また情報の発信源が東京・大阪などの都心部で発信され、オシャレなお店は都心部に集中しています。
やはりファッション業界で働く以上、流行に敏感でセンスが良くなければいけません。
そのためセンスを磨くという点においても、都心部に上京した方がいいでしょう。

そして卒業後の事を考えると、就職先が多いのは東京・大阪などの都心部です。
そのためインターシップや人脈作りなど、東京・大阪の学校の方が有利だと言えます。

地方の服飾専門学校について

確かに先ほど紹介したように、都心部の服飾専門学校の方がメリットが多い事は事実です。
しかしだから地方はダメという訳ではありません。
地方にいても、ファッションの最先端を学ぶ事は可能ですし、ネットを使って流行を発信する事も可能です。

地方だからこそ、豊かな自然にインスピレーションが湧く事もあるでしょう。
また地元の人間関係を築きながら、地域に密着した働き方も出来るはずです。
要は自分が、都心部で働く事が合っているのか、地方で働く事が合っているのか、その人の適正によって服飾専門学校を選べばいいと言えるでしょう。

関連する記事